MLBメジャーリーグ!2017年のスペシャルイベント・ユニフォームがカッコいい!今年のデザインは?

こんにちはnicoです。

MLBアメリカ・メジャーリーグでは、今年2017年も、ホリデースペシャルとして、リーグ全体で統一した「6種類の特別イベント・ユニフォーム」を発表し、それぞれのイベントの日に1日限りで着用すると発表しました。

今回は、その種類とデザイン、活動についてチェックしてみたいと思います。

スポンサーリンク

統一デザインが可能な理由

アメリカ合衆国には、連邦政府で定めた祝日が1年の間に10日あります。

MLBアメリカ・メジャーリーグでは、その祝日の内、シーズン中の2つの祝日、5月最終月曜日の「メモリアルデー(戦没者記念日)」と、7月4日の「独立記念日」に、以前からリーグで統一した特別なユニフォームを着用してきました。

そして、その2種類の限定ユニフォームや帽子などの売り上げ金を、MLBチャリティとして毎年アメリカ軍の退役軍人やその家族のサポートプログラムへ寄付をしています。

そして昨年からは、その2日に加えて、5月第2日曜日の「Mother’s Day(母の日)」と6月第3日曜日の「Father’s Day (父の日)」にもスペシャル・ユニフォームを着用する様になりました。

その4種類のスペシャルユニフォームに加えて、夏の球宴「オールスター・ゲーム」の当日用と、その前夜の「ホームラン・ダービー」用の2種類を加えた、計6種類の限定スペシャルユニフォームが、全チーム統一のデザインで着用されます。

そう言った事が可能なのは、MLB加盟チームの全30球団のユニフォームと帽子の供給を、それぞれ「マジェスティック」社と「ニューエラ」社が独占契約を結んでいる事で可能になっているのです。

また今年の2017年からは、そこに加えて、ソックスメーカーの「スタンス」社がMLBと使用独占契約を結んだ事で、ソックスまでが各イベント用にスペシャルデザインされた物が着用される事になりました。

それでは、それぞれ6種類のスペシャルユニフォームのデザインを見てみましょう。

マザーズデー(母の日)

先ずは、5月第2日曜日に制定されている「マザーズデー(母の日)」。

今年は5月14日になりますね。

では母の日用のユニフォームを見てみましょう。

母の日のユニフォームは、テーマカラーピンク色となっていて、帽子やユニフォームのロゴマークやチーム名、背番号などがテーマカラーのピンク色になっています。

また、今シーズンから加わったソックスは、2種類のデザインから好みで選ぶ様になっています。

ソックス、派手ですね〜。

ただ、最近の選手たちは、パンツの裾を長くして履いている選手が多いので、裾を捲り上げるクラッシックスタイルの選手以外は履いても分からないでしょうね。


出典:sportslogos.net

因みにローリングス社製の公式試合球もこの日はピンク色がベースとなっています。

そしてこのピンク色は、乳がん検診の啓発キャンペーンとして知られる「ピンクリボン運動」とも連動していて、この日のスペシャルユニフォームと帽子の売り上げは「スーザン・G・コーメン乳がん基金」に寄付されるとの事です。

メモリアルデー(戦没者記念日)

次にやってくるスペシャルユニフォームの日が、5月最終月曜日の「メモリアルデー(戦没者記念日)」になります。

今年は5月29日になりますね。

メモリアルデーのユニフォームと言えば、毎年カモフラージュ柄を取り入れたデザインとなっています。

ですが、今年のデザインは、帽子のバイザー部分にカモフラージュ柄が取り入れられているだけで、メインとしては「ミリタリーグリーン(深緑色)」をテーマカラーとしてデザインされています。

帽子の横には、アメリカ軍の5つのブランチ「陸軍」「海軍」「空軍」「海兵隊」「沿岸警備隊」を意味する5つの星が刺繍されています。


出典:sportslogos.net

ただ、カナダが本拠地となる「トロント・ブルージェイズ」のみカナダ軍の4つのブランチ「陸軍」「海軍」「空軍」「統合作戦軍」を意味する4つのメイプルリーフが刺繍されています。

ソックスはこちらも派手系ですね。


出典:sportslogos.net

そして公式試合球も、この日はミリタリーグリーンがベースとなったボールとなっています。

ファザーズデー(父の日)

次のスペシャルユニフォームデーは、6月第3日曜日の「ファザーズデー(父の日)」となります。

今年は6月18日になります。

父の日のユニフォームは、母の日のテーマカラーがピンクだったのに対して、「パウダーブルー」と呼ばれる水色がテーマカラーとなっています。

基本的なデザインは、母の日のユニフォームに準じていますが、帽子の配色が、母の日はテーマカラーのピンクがバイザー部分だったのに対して、父の日の水色は帽子本体(クラウン)の部分に使用されていますね。

ソックスも母の日と同じデザインで水色バージョンになっています。


出典:sportslogos.net

また、ユニフォームでは、唯一「サンフランシスコ・ジャイアンツ」が、チーム名や背番号などに水色では無く、オレンジ色を取り入れています。

これは、同じ地区のライバルチームで、青色がチームカラーとなっている「ロサンゼルス・ドジャース」のユニフォーム・イメージに近くなる事に反発しての措置ではないかと思われます。

ちょっとづつですが、そう言った細かいコダワリが取り入れられているのも面白いですね。

またこの日の公式試合球も、パウダーブルーで彩られたボールとなっています。

そして、この日のユニフォームや帽子などの売上金は、母の日に寄付される女性特有の病気「乳がん基金」であるのに対して、男性特有の病気である「前立腺ガン基金」に寄付をされるとの事です。

独立記念日(4th of July)

そして次に来るスペシャルユニフォームデーが、7月4日の「アメリカ独立記念日」となります。

この日のユニフォームのテーマカラーは、アメリカ国旗である星条旗の色である「青・白・赤」の3色、それに星のデザインとなっています。

帽子の本体(クラウン)とバイザーが青と赤に配色され、チームのロゴマークが星条旗のデザインになっています。

また、ユニフォームのチーム名や背番号などは、赤字に星がデザインされた柄となっています。


出典:sportslogos.net

ここでも、唯一カナダを本拠地とする「トロント・ブルージェイズ」は、単に青・白・赤の配色のみ取り入れたデザインとなっていますね。

そして注目のソックスはと言うと、左右別々のデザインで、片側が星条旗の「」、もう片側が星条旗の「ストライプ」とド派手になっています。

これ、履くんですかね?

そしてこの日の公式試合球は、縫い目が青と赤の2色の派手派手なボールを使用する様です。

ホームランダービー(all-star game)

その年の、1日限りの夢の球宴「オールスターゲーム

今年は7月13日オールスターゲームデーとなります。

そしてアメリカ・メジャーリーグのオールスターゲームでは、その前日からイベントが始まります。

オールスターゲーム前夜には、各リーグから選ばれた選手達によってホームランの数を競う「ホームランダービー」が行われます。

この日は、オールスターゲームに選ばれた選手達全員が、各自が所属する「アメリカンリーグ」と「ナショナルリーグ」のユニフォームと帽子を着用します。

そのデザインは、その年にオールスターゲームが開催される球場を本拠地とするチームに敬意を評したデザインが成されます。

今年2017年のオールスターゲームは、イチロー選手や田沢純一投手が所属する「マイアミ・マーリンズ」の本拠地、フロリダ州マイアミの「マーリンズ・パーク」で開催されます。

その為、今年のスペシャルユニフォームは、マーリンズのユニフォームのカラーやデザインを取り入れた物となっています。

また帽子に関しては、ベースの色が黒色とシックになっており、マイアミの暑さを和らげるために、全体が蜂の巣状のメッシュになっていて通気性が良くなっています。


出典:sportslogos.net

ただ、バイザーの裏側が南国フロリダをイメージさせるような派手なトロピカル柄になっているところが面白いですね。

また、例のソックスですが、こちらもトロピカル柄とド派手になっています。

独立記念日の物もそうですけど、これ履くんですかね〜?

オールスターゲーム

最後のスペシャルユニフォームは、オールスターゲーム当日のユニフォームです。

とは言っても、オールスターゲーム当日は、ユニフォームに関しては、それぞれのチームオリジナルのユニフォームを着用します。

ただ、右肩にはオールスターゲームのマークが、そして左肩には星のマークの中に、それぞれの選手のオールスターゲーム出場回数が刻まれます。

そして帽子は、基本的に各チームのオリジナルカラーに近い色の霜降り柄となり、チームのロゴマークが金色の刺繍でデザインされています。

また帽子に開けられている通気穴部分には同じ金色で星のマークが刺繍されています。

結構細かいところまでデザインにこだわっているんですね。

まあだからこそ、欲しくなって購入してしまうんでしょうね。

そしてこの日の公式試合球は、独立記念日に似た青と赤の2色の縫い目ですが、若干色が薄くなっている様ですね。

まとめ

以上の様に、メジャーリーグでは様々なスペシャル・ユニフォームを取り入れて、ファンを楽しませると共に、チャリティにも力を入れており、慈善活動に積極的なお国柄が現れていますね。

こう言うのを見るたびに「日本でも取り入れてやってくれないかな〜」って思いますね。

まあ、それぞれのチームに様々なユニフォームメーカーが入り込んでいる日本では、統一しての行動は難しいでしょうね。

現在行われているように、各チームで色々なサードデザインのユニフォームを着用するくらいが限度でしょうかね。

ただ球界全体として、もっとチャリティの様な社会奉仕活動が頻繁に行われる様にするなど、マネのできる良い部分は、どんどん実行してもらいたいですね。

と言うことで、今回はMLBアメリカ・メジャーリーグの2017年版のスペシャルユニフォームについてチェックしてみました。

本日も最後まで読んで頂きありがとうございました。

メジャーリーグの限定スペシャル・ユニフォームがカッコいい!そのデザインや活動とは?
こんにちはnicoです。 いよいよNPBプロ野球もMLBメジャーリーグも、オールスター戦の時期となり、レギュラーシーズンも折り...
マイナーリーグの限定ユニフォームが自由すぎる!絵文字やキャラクター物も!
こんにちはnicoです。 前回、アメリカ・メジャーリーグのスペシャルユニフォームについてチェックしました。 ...
スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です