大谷翔平も着る!MLBメジャーリーグが2018年ホリデースペシャルユニフォーム発表!

スポンサーリンク

メモリアル・デー(戦没者追悼記念日)

次にやってくるスペシャルユニフォームの日が、5月最終月曜日に制定されている「メモリアルデー(戦没者追悼記念日)」になります。

メモリアル・デー(戦没者追悼記念日)とは、兵役中に亡くなったアメリカ合衆国の男女を追悼する日で、アメリカ合衆国の祝日となっており、今年は5月28日になります。

MLBでは、このスペシャルユニフォームに関しては「メモリアル・デー・ウィークエンド」と称して、5月26日5月28日・月曜日3日間を、着用する日としています。

メモリアルデーのユニフォームと言えば、兵役をイメージさせる「カモフラージュ柄」を取り入れたデザインが知られていますが、昨シーズンからはカモフラージュ柄の面積が減って、帽子のバイザー部分にカモフラージュ柄が取り入れられているだけとなり、デザインのメインとしては「ミリタリーグリーン(深緑色)」をテーマカラーとしてデザインされた物になって来ました。

帽子はクラウンの部分がダークカラーのカモフラージュ柄となり、バイザー部分とチームロゴがミリタリーグリーンとなっています。

また帽子の横部分には、アメリカ軍の5つのブランチ「陸軍」「海軍」「空軍」「海兵隊」「沿岸警備隊」を意味する5つの星が刺繍されています。


出典:sports logos.com

この部分に関しては、カナダを本拠地としている「トロント・ブルージェイズ」のみは、カナダ軍の4つのブランチ「陸軍」「海軍」「空軍」「統合作戦軍」を意味する4つのメイプルリーフが刺繍されています。


出典:sports logos.com

ジャージに関しても昨シーズンと似た感じで、カモフラージュ柄は取り入れられずに、ミリタリーグリーンをテーマカラーとした物となっています。


出典:sports logos.com

ただ昨年と違って今年は自由度が高く、ここでも大谷翔平投手の所属する「ロサンゼルス・エンゼルス」は独自の赤色ベースのジャージにミリタリーグリーンのチーム名を配する、他とは違った配色となっており、その他「アリゾナ・ダイヤモンドバックス」と「カンザスシティ・ロイヤルズ」もチームカラーのブラックブルーをベースとした配色としています。


出典:sports logos.com

この辺りも面白いですね。

ソックスはこちらも昨シーズンと似たカラーデザインとなっていますが、よく見ると更に細かい幾何学的なデザインが配されています。


出典:sports logos.com

兎に角派手ですね。

そしてこの週末のスペシャルユニフォームやグッズなどの売り上げ金は、アメリカ軍の退役軍人その家族サポートプログムへ寄付されています。

ファザーズ・デー(父の日)

次のスペシャルユニフォームデーは、6月第3日曜日に制定されている「ファザーズデー(父の日)」となります。

今年は6月17日になります。

父の日のスペシャルユニフォームは、母の日のテーマカラーがピンクだったのに対して、「パウダーブルー」と呼ばれる水色がテーマカラーとなっています。

基本的なデザインは、母の日のユニフォームに準じており、帽子のクラウン部分が霜降り柄の水色となっていて、バイザー部分がダークカラーとなっています。


出典:sports logos.com

そしてチームロゴも青系の配色となっています。

ただ、こちらも大谷翔平投手の所属する「ロサンゼルス・エンゼルス」だけは、赤色のバイザーとチームロゴとなっていて、異彩を放っています。


出典:sports logos.com

ジャージに関しても、母の日と同じく今シーズンはチームオリジナルのデザインのまま、左胸に父の日を意味する「ブルーリボン」のロゴマークが配されるだけとなっています。


出典:sports logos.com

ソックスも母の日と同じデザインで水色バージョンになっています。


出典:sports logos.com

この日のユニフォームやグッズなどの売上金は、母の日に寄付される先が女性特有の病気「乳がん基金」であるのに対して、男性特有の病気である「前立腺ガン基金」に寄付をされます。

インディペンデンス・デー(独立記念日)

そして次に来るスペシャルユニフォームデーが、7月4日の「アメリカ独立記念日(4th of July)」となります。

この日のスペシャルユニフォームは、7月2日7月4日3日間に渡り、着用される予定となっています。

この日のユニフォームのテーマカラーは、アメリカ国旗である星条旗の色である「・白・」の3色にプラスしてのデザインとなっています。

そして今シーズンの独立記念日の帽子は、青・白・赤に加えて金色が配色されており、とてもゴージャスな仕上がりとなっています。

帽子のベース色は「赤」と「黒」の2種類となっていて、そこに青・白・赤・金の4色でアメリカ国旗をデザインしたチームロゴが配されています。


出典:sports logos.com

また横部分には、それぞれ「アメリカン・リーグ」「ナショナル・リーグ」のロゴマークが配されています。

この日のスペシャルユニフォームに関しても、唯一のカナダチームである「トロント・ブルージェイズ」に関してはデザインの趣向が違っており、チームロゴ部分に金色のメイプルリーフが配されていて、カナダを強調しています。


出典:sports logos.com

またバイザーの裏には、アメリカ憲法の前文に書かれている「We The People(我ら人民)」という言葉が、アメリカ国旗柄と共に描かれています。

そしてここでもカナダを本拠地とする「トロント・ブルージェイズ」のみデザインが違っていて、バイザーの裏にはカナダ国旗の柄と共に「Canada(カナダ)」の文字が描かれています。


出典:sports logos.com

ジャージに関しては、昨シーズンと同じ様に、チーム名の部分に細かい星の柄が散りばめられていて、右肩にはアメリカ国旗が配されています。


出典:sports logos.com

ここでも唯一のカナダチームである「トロント・ブルージェイズ」に関してはデザインが変わり、チーム名部分に星の柄は使用されず、右肩のアメリカ国旗と共に、左肩にはカナダ国旗が配される仕様となっています。


出典:sports logos.com

ソックスはこれも昨シーズンと同じ様に、左右の色柄が違う仕様となっています。


出典:sports logos.com

相変わらずド派手なデザインですね。

そしてこの期間の限定ユニフォームやグッズなどの売り上げ金も、メモリアルデーの時と同じで、アメリカ軍の退役軍人やその家族サポートプログムへ寄付される事になっています。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

  1. […] 大谷翔平も着る!MLBメジャーリーグが2018年ホリデースペシャルユニフォーム発表! […]

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です