大谷翔平!2018年の日本人選手所属チームとの対戦スケジュールは?田中将大やイチローとの対決もある?

こんにちはnicoです。

ロサンゼルス・エンゼルスに移籍した大谷翔平投手。

いよいよ2月14日からスプリングトレーニングが始まり、大谷翔平投手の2018年シーズンが本格的に始動しますね。

そんな大谷翔平投手は、2018年の今シーズン、他の日本人選手が所属するチームとは何処のチームと、いつ対戦があるのでしょうか。

今回はその辺りをチェックしたいと思います。

スポンサーリンク

オープン戦では5チーム16試合

大谷翔平投手の所属するロザンゼルス・エンゼルスは、2月14日からのスプリングトレーニングをアリゾナ州で行います。

アリゾナ州でスプリングトレーニングを行うメジャーチームは全30球団の内の半分となる15球団で、この期間中の15球団を「カクタスリーグ」(サボテンリーグ)と呼んでいます。

スプリングトレーニング期間中には、2月23日からオープン戦が始まり、レギュラーシーズン開幕日である3月29日の前日、3月28日まで、ほぼ毎日カクタスリーグ内で試合が組まれています。

大谷翔平投手の所属するロサンゼルス・エンゼルスの、他の日本人選手が所属するチームとのオープン戦のスケジュールを見てみましょう。

サンディエゴ・パドレス (牧田和久)

2/25〜26

シカゴ・カブス(ダルビッシュ有)

3/2、3/9

シアトル・マリナーズ(岩隈久志)

3/3〜4、3/17、3/19

アリゾナ・ダイヤモンドバックス(平野佳寿)

3/6、3/20、3/24

ロサンゼルス・ドジャース(前田健太)

3/7、3/22、3/25〜27

以上、他の日本人選手の所属するチームとは5チームと合計で16試合が組まれています。

対戦する日本人選手は全て投手なので、投手同士の投げ合いも興味がありますが、バッター大谷翔平としての対戦に興味が湧きますね。

レギュラーシーズンでは5チーム35試合

3月29日から始まるレギュラーシーズンは、9月30日までに、各チームとも全162試合が組まれています。

大谷翔平投手の所属するロサンゼルス・エンゼルスは3月29日からオークランド・アスレティックスと、アスレティックスの本拠地でレギュラーシーズンが開幕し、4月2日クリーブランド・インディアンズ戦が、エンゼルスのホーム開幕試合となります。

レギュラーシーズンで他の日本人選手の所属するチームとの対戦は、全部で5チームで合計で35試合が組まれています。

そのスケジュールを見てみましょう。

ニューヨーク・ヤンキース(田中将大)

4/27〜29

シアトル・マリナーズ(岩隈久志)

5/4〜6、6/11〜13、7/3〜5、7/10〜12
7/27〜29、9/13〜16

アリゾナ・ダイヤモンドバックス(平野佳寿)

6/18〜19

サンディエゴ・パドレス (牧田和久)

8/13〜15

ロサンゼルス・ドジャース(前田健太)

7/6〜8、7/13〜15

以上、5チーム35試合となっています。

開幕こら約1ヶ月となる4月末に、田中将大投手の所属する「ニューヨーク・ヤンキース」との3連戦があるのが楽しみですね。

先発同士としての投げ合いが実現するのか、又はバッター大谷翔平として田中将大投手と対戦するのか。

これは前田健太投手の所属する「ロサンゼルス・ドジャース」との6試合でも同様の楽しみが有りますね。

また、やはり一番試合数が多く組まれているのが、同じアメリカンリーグ西地区に所属する「シアトル・マリナーズ」で、その試合数は19試合にもなります。

岩隈久志投手との対戦も楽しみですが、ただ当の岩隈久志投手は、肩の故障からの復帰を目指して現在リハビリ中で、チームとは現在マイナー契約を結んでいる状態です。

シアトル・マリナーズのスプリングトレーニングにも、マイナー契約選手の身分で、招待選手として参加する様です。

チームとしても無理をさせずに、肩の回復をじっくり待つ積りでいる様ですから、岩隈久志投手との対戦は、今シーズンは期待出来ないかも知れませんね。

イチローとの対戦は有る?

スプリングトレーニングも、そろそろ始まろうかと言うこの時期に来て、ダルビッシュ有投手の契約合意がキッカケとなったのか、マイアミ・マーリンズからフリーエージェントになっていたイチロー選手にも、新たなチームからのオファーの噂が流れて来ました。

そのチームとは「コロラド・ロッキーズ」です。

まだ噂の段階ではありますが、もしイチロー選手がロッキーズに入団が決まったとすると、大谷翔平投手の所属するエンゼルスとは、オープン戦3試合レギュラーシーズン4試合が組まれており、ピッチャー大谷翔平 対 バッターイチローの対決が実現するかも知れません。

因みに日程を確認しておきましょう。

エンゼルス 対 コロラド・ロッキーズ

【オープン戦】

2/27、3/15〜16

【レギュラーシーズン】

5/8〜9、8/27〜28

この対戦が実現したら凄いですね。

是非見てみたいものです。

※その後、残念ながらロッキーズのGM本人のツイートでこの噂は否定された様です。

まとめ

今シーズンからロサンゼルス・エンゼルスに移籍した大谷翔平投手が、その他の日本人選手が所属するチームとの対戦は、今のところオープン戦で5チーム16試合、レギュラーシーズンで5チーム35試合となっている。

オープン戦の対戦チームは、パドレス 、カブス、ダイヤモンドバックス、ドジャース、マリナーズの5チーム。

レギュラーシーズンの対戦チームは、パドレス 、ヤンキース、ダイヤモンドバックス、ドジャース、マリナーズの5チーム。

イチロー選手がロッキーズとの契約の噂が出ているが、もしイチロー選手がロッキーズに入団が決まった場合、オープン戦で3試合、レギュラーシーズンで4試合の対戦が期待される。

如何でしたでしょうか。

大谷翔平投手は、現在マイナー契約を結んでいる状態で、2月14日からのスプリングトレーニングには招待選手という形で参加する事になります。

ただし、これはMLBで新たに決まったルール上の扱いの為なので、スプリングトレーニング期間中にメジャー契約に切り替わる事は確実でしょう。

投手として試合に出る他に、DHの打者として試合に出る日もあるとなると、楽しみは倍に増えますね。

身体的な負担は予想以上になるのかも知れませんが、怪我には十分に気をつけて、フルシーズンを戦い活躍して欲しいですね。

大谷翔平投手、頑張って下さい。

という事で今回は、今シーズン大谷翔平投手が、他の日本人選手の所属するチームとの対戦スケジュールについてチェックしました。

本日も最後まで読んでいただき有難うございました。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です