プロ野球スイングスピードランキング!柳田?中田?1位はあの選手!

こんにちはnicoです。

プロ野球シーズン始まってますね。

今年はいつにも増してバッティングで「フルスイング!」と言うキーワードを耳にします。

と言うことで、今回はプロ野球選手のバッティングのスイングスピードランキングについてチェックしてみたいと思います。

スポンサーリンク

各世代の平均スイングスピード

では先ず、各世代のバッティングのスイングスピードについて見てみたいと思います。

先ずは「高校生」の平均スイングスピードを見てみると107km〜120km。

続いて「大学生」の平均スイングスピードを見てみると122km〜137km。

そして「社会人」の平均スイングスピードを見てみると135km〜145km。

最後に「プロ野球」の平均スイングスピードを見てみると140km〜。

バッティングのスイングスピードは、使用する計測器やバットによって変わると言われていますが、やはり身体が鍛えられて強くなっていくほどスイングスピードが上がっていくようですね。

ただ、社会人とプロ野球になると、体格の差よりもスイング技術の差によるところが大きくなっているのかもしれませんね。

速いスイングスピードの有利性

スイングスピードが速いと何が有利なのかと言えば、先ずはバッティング時にボールに与える衝撃が強くなり、飛距離が伸びるということですよね。

因みにホームランの飛距離となる90mを飛ばすには、しっかり芯でミートしたとして、最低でも120km程度のスイングスピードが必要と言われています。

更にスイングスピードが速いと、ミートポイントまでバットを早く運べる訳で、言い換えればピッチャーの投げるボールをギリギリまで、より長い時間見極める事が出来る様になります。

この事は、変化球などにも対応しやすくなり、バッティングに有利な要因となりますよね。

スイングスピードランキング

では、いよいよプロ野球選手のスイングスピードランキングを見てみたいと思います。

今回は、あるテレビ番組の企画でスイングスピードをランキングしたものです。

参加した全ての選手が「ミズノ・スイングトレーサー」と言う、バットのグリップエンドに取り付けるタイプの同じ計測器を使用し、同じ条件での計測になりました。

image

第10位
平沢大河(ロッテ):148.7km

第9位
松田宣浩(ソフトバンク):149.6km

第8位
梅野降太郎(阪神):156.0km

第7位
山田哲人(ヤクルト):157.9km

yamada
※gif動画が動かない時は画像をクリックして下さい。

第6位
森友哉(西武):160.0km

mori
※gif動画が動かない時は画像をクリックして下さい。

第5位
中川大志(楽天):160.1km

nakagawa
※gif動画が動かない時は画像をクリックして下さい。

第4位
筒香嘉智(DeNA):160.2km

tutugo
※gif動画が動かない時は画像をクリックして下さい。

第3位
雄平(ヤクルト):160.9km

yuhei
※gif動画が動かない時は画像をクリックして下さい。

第2位
哲朗(楽天):161.9km

teturo
※gif動画が動かない時は画像をクリックして下さい。

そしてそして
第1位はやはりあの人

柳田悠岐(ソフトバンク):163.6km

yanagita
※gif動画が動かない時は画像をクリックして下さい。

さすが「ミスターフルスイング」

このスイングスピードによってバックスクリーンのビジョン破壊弾が打てる訳ですよね。


※音声注意

いやいや凄過ぎます!

上には上がいた

ただ今回のランキングには、参加していない有力選手も多く居たので、今回が完全なランキングと言う訳にはいかないのが残念です。

先ずは侍ジャパンの4番打者でもある、日本ハムの「中田翔」選手。

計測時期は違いますが、2015年の春季キャンプ時に、今回と同じ「ミズノ・スイングトレーサー」による計測で驚異の「166.9km」を記録していたそうです。

その時の映像が無いのが残念ですが、上には上がいるもんですね。

その他にスイングスピードが速そうな選手としては、大学生時代に「161.8km」を記録していたという阪神の「高山俊」選手なども居ますし、巨人の「大田泰示」選手などもスイングスピードが速いと言われています。

あとはやはり「二刀流」の「大谷翔平」選手なんかも気になりますね。

また、外国人選手でヤクルトの「バレンティン」選手や、オリックスの「トニ・ブランコ」選手なんかも凄そうですよね。

この辺りの選手達にも、同じ計測器でスイングスピードを測ってもらい、いずれランキングに加わってもらいたいものです。

まとめ

バットのスイングスピードは、ある程度までは身体が鍛えられる程に上がっていく。

その先は技術的なものにも左右される。

スイングスピードの向上は、ボールの飛距離に影響する。

また、スイングスピードの向上はボールの見極めにも有利になる。

今回のプロ野球選手のスイングスピードランキングでは、ソフトバンクの「柳田悠岐」選手が1位となった。

ただ、1年前には、同じ計測器で日本ハムの「中田翔」選手がそれを上回る記録を出していたとの事。

計測時期の違いは有りますが、こうなると現在のところのスイングスピードNo.1は中田翔選手という事になるんでしょうかね。

中田翔選手って柳田悠岐選手と比べると、そこまでスイングが速いってイメージ持ってなかったので、意外でした。

プロの魅力ってやはり、卓越した技術にプラスして、選ばれし者だけに与えられたスピードやパワーなどですよね。

これからも魅力溢れるプロ野球の世界を見せてくれる事を期待したいですね。

という事で、今回はプロ野球選手のバッティングのスイングスピードのランキングについてチェックしてみました。

本日も最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です