万波中正マンチュウ!横浜高校のハーフ選手がスゴイ!今年の甲子園の目玉になる?姉もまたスゴイ!

こんにちはnicoです。

今年の夏の甲子園大会に向けての地方予選、残念ながら各地の有力校が次々と負けてしまっています。

これも、負ける事の出来ない一発勝負の難しさですね。

西東京大会の早実も負けてしまい、怪物「清宮幸太郎」選手も今年は甲子園で見ることができなくなり、寂しい限りです。

そんな中、このまま甲子園大会に進んだらブレイク必至と言われているのが、神奈川の横浜高校野球部に所属する「万波 中正」選手です。

今回は、新たな注目選手「万波 中正」選手をチェックしてみたいと思います。

スポンサーリンク

オコエ二世と言われる由来

先ずは万波中正選手のプロフィールを

image

万波 中正(まんなみ ちゅうせい)

生年月日:2000年4月7日(16歳)

出身地:東京都

身長・体重:190cm・92kg

ポジション:外野手

投球・打席:右投・右打

出身中学:練馬区立開進第二中学校

部活:陸上部(砲丸投げ)

出身クラブチーム:東練馬シニア

父親:万波ウィリー(コンゴ人)

母親:万波有里子(日本人)

姉:万波アイシャ

愛称:マンチュウ

万波選手は、コンゴ共和国出身の父「ウィリー」さんと、日本人の母「有里子」さんとの間に生まれたハーフです。

黒人男性と日本人女性の間に生まれ、豊かな身体能力を持った高校球児という事で、現在、東北楽天ゴールデンイーグルスに所属する「オコエ瑠偉」選手を彷彿とさせるため「オコエ二世」と言われて注目されています。

因みにオコエ瑠偉選手の父親は「ナイジェリア人」です。

万波選手は、小学校2年から少年野球チーム「ブルーフェニックス」で野球を始めました。

練馬区立開進第二中学校では東練馬シニアに所属し、外野手 兼 投手として活躍しました。

野球は硬式シニアクラブチーム所属ということで、中学校内では陸上部に所属し、砲丸投げの選手として活動していました。

しかし、片手間の様な陸上部活動でも、持って生まれた身体能力の高さから、砲丸投げもわずか2週間の練習で全国大会に出場したと言われています。

横浜高校に入学

中学のシニア時代から注目されていた万波選手ですから、どこの高校に進学するのか注目されていました。

そして入学したのが、現ソフトバンク・ホークスの松坂大輔投手などを輩出した「横浜高等学校」でした。

万波選手は、チーム内では「マンチュウ」と呼ばれているそうです。

単純に氏名を略して、万波の「マン」と中正の「チュウ」を足しただけなんですけど、なにかポケモンの「ピカチュウ」みたいな感じで、可愛らしいというか親しみやすい愛称ですよね。

本人もこの愛称には抵抗は無いどころか「割と気に入っている」との事です。

このままチームが勝ち進んで、甲子園デビューし活躍でもしたら、全国的な人気を獲得する事になりそうですね。

破壊的なパワー

神奈川県は甲子園激戦区のため、甲子園の切符を手に入れるためには、まだ地方予選を数戦勝ち上がらないといけませんが、その地方予選ですでに万波選手の凄さが見えてきています。

7月19日の、横浜スタジアムで開催された地方予選3回戦「松陽高校 対 横浜高校」戦では、バックスクリーンへ推定135メートルの特大ホームランを放ちました。

なんとバックスクリーンのコーラの看板の少し上まで飛ばしました。

バックスクリーンに当たった様子は、下の動画の方がわかりやすいかもしれませんね。

昨シーズン、福岡ソフトバンク・ホークスの柳田悠岐選手が放った「驚異のバックスクリーン破壊弾」が話題になりましたが、その弾道まであともう少しと言う辺りまで飛んだ事になります。

凄いですね〜!

因みにスイングスピードは、プロ野球選手と比べても遜色無いどころか、上位となる154kmと言われています。

プロ野球スイングスピードランキング!柳田?中田?1位はあの選手!
こんにちはnicoです。 プロ野球シーズン始まってますね。 今年はいつにも増してバッティングで「フルスイング!」...

体格的にも、パワー的にも、比較されるオコエ瑠偉選手とは、また性格の違う「パワーヒッター」の感じですね。

一部では「清宮幸太郎」選手以上に、長距離打者としての才能を秘めているとも言われています。

これでまだ入学して半年の高校1年生と言うんですから、末恐ろしいものです。

姉も凄い!

そんな身体能力抜群の万波選手。

現在高校3年生となっている、お姉さんの「万波アイシャ」さんも、同じDNAの元、抜群の身体能力を誇っているそうです。

アイシャさんは岩倉高校に通っていて、やはり陸上部に所属しているとのことです。

種目は「砲丸投げ」「円盤投げ」「やり投げ」の3種目で、東京インターハイ予選でそれぞれ「優勝」しているそうです。

image

恐るべしDNA!ってところですね。

まとめ

横浜高校の1年生選手「万波中正」選手は、今年の注目選手になること間違いなしの模様。

オコエ瑠偉選手と同じ、黒人の父と日本人の母の間のハーフだが、体格やパワーは万波選手の方が優っていると言われている。

横浜スタジアムでの予選では、バックスクリーン直撃弾を放ったパワーヒッターである。

同じDNAを持つも、陸上競技のアスリートとして活躍している。

如何でしたでしょうか。

今年は横浜高校の万波中正選手に注目ですね。

本日も最後まで読んで頂きありがとうございました。

商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。お買い物される際には、必ず商品ページの情報を確認いただきますようお願いいたします。また商品ページが削除された場合は、「最新の情報が表示できませんでした」と表示されます。

阪神甲子園球場1/1500スケールモデル
価格:16200円(税込、送料別) (2016/7/31時点)

高校野球・甲子園で人気の応援曲・応援ソングは?ベスト20を一挙公開!
こんにちはnicoです。 今年2016年で第98回大会となる「夏の甲子園」こと「全国高校野球選手権大会」 今年は...
早実の清宮幸太郎がホームラン打ちまくり!過去の高校通算本塁打記録はいくつ?
こんにちはnicoです。 早稲田実業高校の怪物スラッガー清宮幸太郎選手が凄いです。 春の選抜高校野球大会開催中の...
高校野球甲子園大会!出場費用はいくらお金がかかる?
こんにちはnicoです。 現在、全国各地で「夏の甲子園大会」出場の切符をかけて、熱い熱戦が繰り広げられていますね。 ...
スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です