田澤純一!マーリンズ移籍!イチロー夫人の福島弓子さん経由で女子アナと結婚の可能性も?

こんにちはnicoです。

アメリカMLB「ボストン・レッドソックス」の「田澤純一」投手が、イチロー選手が所属する「マイアミ・マーリンズ」に移籍しましたね。

今回は、そんな田澤純一投手の移籍に関する事と、彼女や結婚についてチェックしてみたいと思います。

スポンサーリンク

日本のプロ野球を経由せずにメジャー挑戦

ボストン・レッドソックで8年間、中継ぎとして活躍をしてきた「田澤純一」投手。

上原浩治」投手と共に、2013年ボストン・レッドソックスのワールドシリーズ優勝に大車輪の活躍で貢献した事は記憶に新しいですね。

上原浩治!シカゴ・カブスに移籍!自宅から更に遠くなる!今回も単身赴任?
12月15日追記訂正しました。 こんにちはnicoです。 アメリカMLB「ボストン・レッドソックス」の上原浩治投...

そんな田澤純一投手のプロフィールを改めて見てみましょう。

田澤 純一(たざわ じゅんいち)

img_1510
出典:週間ベースボールONLINE

国籍:日本

出身地:神奈川県横浜市神奈川区

生年月日:1986年6月6日(30歳)

身長・体重:180 cm・90 kg

投球・打席:右投・右打

ポジション:投手

プロ入り:2008年 アマチュア・フリーエージェントとしてボストン・レッドソックスと契約

初出場:2009年8月7日

年俸:$3,375,000(2016年)

経歴:
横浜商科大学高等学校
新日本石油ENEOS
ボストン・レッドソックス (2009 – 2016)

田澤純一投手は、社会人野球の新日本石油ENEOS時代に活躍し一躍注目選手となり、2008年秋のNPBプロ野球ドラフト候補と成りました。

しかし田澤純一投手は、アメリカMLBでのプレーを希望し、日本プロ野球の12球団にドラフト指名拒否の表明をした上で「ボストン・レッドソックス」に入団をしました。

当時、日本のプロ野球とアメリカMLBメジャーリーグの間では、お互いの国のドラフト候補選手を勝手に獲得交渉しないと言う「紳士協定」が取り交わされていました。

しかし田澤純一投手の場合は、選手本人の希望と言う事で「職業選択の自由」と言う観点から紳士協定の適用外となったようです。

日本プロ野球機構は、今後同じようなケースが生まれない様にアマチュア選手が、NPBのドラフトを拒否し、海外球団と選手契約した場合において、当該球団退団後2年間(高卒選手の場合は3年間)の、NPB所属球団との契約を禁止すると言う新たなルール、いわゆる「田澤ルール」を選手会との話し合い無く、一方的に導入してしまいました。

このルールに関しては、日本プロ野球選手会も廃止を訴えていますし、私もそんな馬鹿げたルールは廃止すべきだと思っていますが、残念ながら現在も廃止されず導入されたままの様です。

メジャー生活8年目にして初めての移籍

そんな田澤純一投手は、レッドソックスで長年、中継ぎ投手として酷使され続けた影響で、2015年・2016年の成績が振るいませんでした。

そんな状況でレッドソックスとの契約が終了し、フリーエージェントとなった田澤純一投手に対し、日本の報道は「来年のメジャー契約は厳しいのでは?」などと厳しい予想を書き立てていました。

しかしいざ蓋を開けてみると、イチロー選手の所属する「マイアミ・マーリンズ」と、なんと2年総額1200万ドル(約14億円)と言う、リリーフ投手としては高い評価を得ての移籍が決まりました。

私も、以前からレッドソックス時代の田澤純一投手に対する球団の金銭的評価が「登板回数などの貢献度に比べて低いのでは?」と感じていましたので、今回の移籍によって正当と思われる評価を得られた事はとても良かったと思います。

移籍実現を後押ししたレジェンド

そんな田澤純一投手の獲得に向けて、マイアミ・マーリンズのフロント陣に後押しをしたのが、今やマーリンズの顔ともなったレジェンド「イチロー」選手との事です。

マーリンズのフロント陣が、田澤純一投手の獲得について事前にイチロー選手に意見を求めたところ「非常にいいピッチャーで、チームの勝利に貢献できる」と答えたと言われており、それがマーリンズが田澤純一投手を獲得する後押しになった様です。

もともと田澤純一投手は、小学生の頃に活躍していたイチロー選手に憧れたのが、野球を始めた理由のひとつと、メジャー挑戦時のインタビューで答えていました。

――野球そのものはイチロー選手に憧れて始めたと聞いています。

「そうですね。その時にイチローさんがすごく打っていたというのもありますし、たまたま僕が通っていた小学校で野球が流行っていたというのもあるんですけど」
出典:ニュースウォーカー

そんな子供の頃からの憧れであったイチロー選手から「チームへの推薦」を受けてチームメイトとなり、来シーズンを迎えることが出来ることになるなんて、とても幸せでしょうね。

マーリンズ移籍で女子アナと結婚のチャンス?

田澤純一投手は現在30歳

日本から海を渡ってから現在まで8年間もメジャーリーグで活躍し、2017年シーズン500万ドル(約5億9000万円)2018年シーズン700万ドル(約8億2000万円)と、同じく2017年シーズンの日本プロ野球界の最高年俸5億円を超える契約を勝ち取っており、日本人野球選手としては成功者の上位に入ると言って良いと思います。

そんな田澤純一投手は、未だ結婚をしておらず、独身と言われています。

年齢的にも、そろそろ身を固めてもいい頃ではないかな?と思いますが、結婚のお相手となる様な、お付き合いをしている女性は居るのでしょうか?

田澤純一投手は、いくらアメリカを生活拠点としているとしても、結婚相手としてはやはり日本人を第一に考えるのではないかと思います。

もし社会人野球時代に、結婚を前提にお付き合いをしていた人がいたとすれば、アメリカ生活も8年を過ぎて未だに独身というのは解せません。

野球選手の結婚と言えば、マスコミ関係の女子アナウンサーがお相手と言うケースも多く目にしますが、田澤投手はどうなんでしょうか。

野球選手と女子アナの出会うきっかけは、シーズン中の球場での取材であったり、合コンであったりなどと言う話を聞きます。

しかし、田澤投手は日本でのプロ野球選手の経験が無いため、そう言ったチャンスを持つことが出来なかったのではないかと想像します。

アメリカまでわざわざ女子アナが取材に来ることも無いですし、日本のプロ野球に親しい選手が居ないと、合コンなどに参加するチャンスも無いでしょうしね。

また、シーズン中の忙しい移動の中で、一般の女性とも中々出会うきっかけは無さそうです。

そこにマーリンズへの移籍で、イチロー選手とのお近付き。

イチロー選手の奥様といえば、元TBSアナウンサーの「福島弓子」さん。

img_1511
出典:Super Ichiro Crazy!

イチロー選手と、チームメイトとしてのお付き合いの中で、イチロー選手の奥様も含めてのプライベートなお付き合いも出来て来るでしょうから、そんな中で、弓子夫人経由で後輩女子アナを紹介されたりして、出会いが生まれる可能性もあるかも知れません。

イチロー選手とチームメイトになる今回の移籍によって、公私ともに上昇運に乗れそうな気配です。

まとめ

ボストン・レッドソックスに8年間在籍した田澤純一投手は、フリーエージェントとなってイチロー選手の所属するマイアミ・マーリンズに移籍となった。

契約内容は2年契約で、1年目500万ドル2年目700万ドル総額1200万ドルとなっている。

移籍にあたっては、球団に対してイチロー選手の推薦があった。

田澤純一投手にとってイチロー選手は、野球を始めたきっかけとなった憧れの人である。

独身の田澤純一投手は、イチロー選手の奥様である福島弓子さんを介して、女子アナとの出会いや結婚が期待される。

これまでのレッドソックス時代は、チームメイトで同じ投手だった松坂大輔投手や上原浩治投手に話題をさらわれて、日本からの注目があまり高くありませんでした。

来シーズンはチーム唯一の日本人投手として独り立ちし、野手であるイチロー選手に引っ張られて注目度が上がる事を期待したいですね。

と言う事で、今回はボストン・レッドソックスからマイアミ・マーリンズに移籍が決まった「田澤純一」投手についてチェックをしてみました。

本日も最後まで読んでいただき有難うございました。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です