【2017/7/7】中後悠平!連日のマウンドで今シーズン31度目の登板!その内容は?

こんにちはnicoです。

MLB アメリカ・メジャーリーグ「アリゾナ・ダイヤモンドバックス」とマイナー契約を交わし、傘下の2Aチーム「ジャクソン・ジェネラルズ」に所属して、今シーズンのメジャー昇格を目指している中後悠平投手。

そんな中後悠平投手が、今シーズン31度目の登板を果たしましたので、今回はその内容と結果についてチェックしてみたいと思います。

スポンサーリンク

前日に続く連投

前回の中後悠平投手の登板は、前日の7月6日の「バーミンガム・バロンズ」5連戦の第3戦目でした。

【2017/7/6】中後悠平!今シーズン30度目の登板は3奪三振!これで8試合廉連続失点!
こんにちはnicoです。 MLB アメリカ・メジャーリーグ「アリゾナ・ダイヤモンドバックス」とマイナー契約を交わし、傘下の2A...

2-9とかなり点差が開いてしまった負け試合でしたが、9回表1イニングを、3つのアウト3つの空振り三振で奪うと言う絶好調の投球でした。

これで中後悠平投手は、8試合連続無失点登板となっています。

しかし好調を維持している中後悠平投手ですが、その中後悠平投手を差し置いてこの日、チームメイトで同じ左投げのジャレッド・ミラー投手が3Aの「リノ・エーシズ」への昇格が決まりました。

6月上旬には、やはりチームメイトで同じ左投げのダニエル・ギブソン投手も3Aの「リノ・エーシズ」に昇格しており、メジャーを目指す中後悠平投手としても同じ左投げの中継ぎ投手二人に先を越され、「次は自分が昇格しなければ!」と言う思いが強くなっていると思います。

その為には、自分の役割をしっかりとこなして、好成績を維持しておく事が大事ですね。

先発のピンチを見事に火消し

7月7日の「バーミンガム・バロンズ」5連戦の第4戦目となるこの日、ジェネラルズは恒例の「謎のカバ軍団」である「ザ・ハブシティ・ヒッポーズ」として試合に臨みました。

ヒッポーズは序盤の3回までに7得点しましたが、ヒッポーズ先発のイバン・ピネイロ投手も4回までに4失点と若干乱打戦の様相でした。

そして7-4のまま迎えた5回表のバロンズの攻撃。

前の回まで苦しんでいたヒッポーズの先発イバン・ピネイロ投手が、またもピリッとしません。

ヒット、三振、デッドボール1アウト1、2塁となった所で、コーチがマウンドに駆け寄り「ピッチャー交代」となりました。

ここで、このピンチの火消し役に指名されたのが中後悠平投手でした。


出典:twitter.com

5回裏、得点は7-4と3点差、1アウト1、2塁

ワンヒットで1点、長打で2点取られてしまいます。

ここは絶対に抑えて貰いたい場面です。

先ず迎えた7番の右打者、サードのトレイ・ミハルチェフスキ選手をショートゴロに打ち取り、セカンドをフォースアウトにして2アウト1、3塁

まだピンチが続きます。

そして次の8番の左打者、ファーストのケオン・バーナム選手を左バッターから外に逃げていくスライダーで空振り三振に仕留めて3アウトチェンジ

ピンチの場面を見事に火消し役で収め、この日はお役御免となりました。

この日の中後悠平投手は、ここでマウンドを降りましたので、この日の投球内容は2/3イニング被安打 1奪三振 防御率0.00となり、9試合連続無失点登板となりました。

終盤追い込まれるもチームは勝利

中後悠平投手がマウンドを降りた後、後続の投手が2失点するも、ヒッポーズも2得点し、最終的にヒッポーズが9-6勝利しました。

ただ、見事な火消しの中後悠平投手は先発投手の責任回数である5回に2/3イニングのみ投げたので、成績面で何も数字がつかず、その次の6回1イニングを投げたメイソン・マクロウ投手に「勝利」が付いてしまいました。

中後悠平投手にとっては、正に「骨折り損のくたびれ儲け」と言った感じでしょうか。

しかし、中後悠平投手の投球自身は絶好調に変わりはありません。

これで中後悠平投手の今シーズンの通算成績は、31試合45イニングを投げ、112セーブ 5ホールド 47奪三振 防御率2.60となりました。

次の登板はいつ?

今回、中後悠平投手が登板したのは7月7日の金曜日。

5連戦は4試合を終えて2勝2敗の五分となっています。

もし7月8日の5連戦の最終戦が、微妙な点差の勝ちパターンだったとしたら、中後悠平投手の登板も考えられそうです。

取り敢えず8月までのあと20日ちょっとを好成績で送れる事が出来れば、月替りの頃に3A「リノ・エーシズ」への昇格話が出てくる可能性が高そうです。

中後悠平投手には、静かに24年連続日本人選手のメジャーデビュー記録も掛かっています。

本人は「プレッシャーになるから(そう言う話は)やめてくれます?」と話しているそうですが、そんな立場にある自分自身を楽しむくらいの気持ちでシーズンを過ごしてほしいですね。

今後も中後悠平投手の動向に注目ですね。

と言う事で今回は中後悠平投手の今シーズン31度目の登板についてチェックしてみました。

本日も最後まで読んで頂き有難うございました。

中後悠平投手の最新情報はこちらをクリック

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です