【2016/6/16】中後悠平!今シーズン23度目の登板はクローザー!その内容と結果は?

こんにちはnicoです。

MLB アメリカ・メジャーリーグ「アリゾナ・ダイヤモンドバックス」とマイナー契約を交わし、傘下の2Aチーム「ジャクソン・ジェネラルズ」に所属して、今シーズンのメジャー昇格を目指している中後悠平投手。

そんな中後悠平投手が、今シーズン23度目の登板を果たしましたので、今回はその内容と結果についてチェックしてみたいと思います。

スポンサーリンク

中2日での登板

中後悠平投手の前回の登板は、6月13日の「テネシー・スモーキーズ」5連戦の最終戦でした。

【2017/6/13】中後悠平!22度目の登板で5試合ぶりの失点!その内容は?
こんにちはnicoです。 MLB アメリカ・メジャーリーグ「アリゾナ・ダイヤモンドバックス」とマイナー契約を交わし、傘下の2A...

5回表の1アウトから登板し、先発投手の招いたピンチを見事に救ったのは良かったのですが、次の回に制球難も絡んだピンチから5試合ぶりの失点を喫してしまいました。

これにより、もう直ぐ2点台という所まで順調に減らしていた防御率も、3点台半ばまで再び上昇してしまいました。

その前回の登板から中2日となった6月16日の「バーミンガム・バロンズ」5連戦の第3戦目に、中後悠平投手にとって今シーズン23度目の登板機会が巡って来ました。

カード勝ち越し王手に貢献

この日のジェネラルズは、5回までに6得点した上に、先発のジョエル・ペヤンプス投手が、相手を7回まで1失点に抑える好投で、試合を有利に運んできました。

6-1のまま、8回裏にジャレッド・ミラー投手を投入した後、試合を締める9回裏にクローザーとして中後悠平投手が起用されました。

先ず迎えた5番の右打者、センターのハンター・ジョーンズ選手をライトフライに打ち取り1アウト

続く6番の左打者、ライトのメイソン・ロビンズ選手にはセンター前ヒットを打たれてしまい1アウト1塁

しかし次の7番の右打者、DHのトレイ・ミハエルゾウスキー選手を見逃し三振に仕留めて2アウト1塁

そして次の8番の左打者、ファーストのケオン・バーナム選手をサードポップフライに打ち取って3アウトチェンジとしゲームセットとなりました。

「忍」さんのtweetよりゲームセット時の映像。

結局この日のゲームはジェネラルズが6-1で勝利しました。

勝利に貢献したこの日の中後悠平投手の成績は、1イニングを投げて1被安打 失点 1奪三振 防御率0.00と言うものでした。

これで中後悠平投手の今シーズンの通算成績は、23試合34回2/3イニングを投げ、112セーブ 2ホールド 36奪三振 防御率3.38となりました。

チームは前期ワイルドカード争い中

前期のゲームの残りはあと2試合ですが、ジェネラルズは現在サザンリーグ北地区5チーム中3位となっています。

前期の地区優勝は難しいですが、2位の「テネシー・スモーキーズ」と0.5ゲームということで、ポストシーズン出場に向けてのワイルドカード争いが激しくなっています。

ジェネラルズは、サザンリーグ南地区で現在2位となっている「ビロクシ・シャッカーズ」よりも勝率で上回っている為、北地区で2位になれば自動的にワイルドカード勝者となる訳です。

という事で残りの2試合の勝敗がとても重要になって来る訳ですね。

前期にもう一度登板ある?

前期の残り試合が2試合という事で、中後悠平投手の登板があるかどうかは微妙なところです。

チームとしては、2位争いの為に残りの2試合を選手総動員で勝ちに来ると思われますので、ゲーム展開によっては前期にもう一度登板が有るかも知れません。

登板が有るとしたら第5戦目でしょうか。

その時には再び好投を期待したいです。

中後悠平投手頑張ってください!

という事で今回は、中後悠平投手の今シーズン23度目の登板内容についてチェックしました。

本日も最後まで読んで頂きありがとうございました。

中後悠平投手の最新情報はこちらをクリック

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です