【2017/6/13】中後悠平!22度目の登板で5試合ぶりの失点!その内容は?

こんにちはnicoです。

MLB アメリカ・メジャーリーグ「アリゾナ・ダイヤモンドバックス」とマイナー契約を交わし、傘下の2Aチーム「ジャクソン・ジェネラルズ」に所属して、今シーズンのメジャー昇格を目指している中後悠平投手。

そんな中後悠平投手が、今シーズン22度目の登板を果たしましたので、今回はその内容と結果についてチェックしてみたいと思います。

スポンサーリンク

中1日での登板

中後悠平投手の前回の登板は2日前となる6月11日の日曜日。

テネシー・スモーキーズ」とのホーム5連戦の内の第3戦目でした。

この時は、1イニングをしっかりと三者凡退に抑えて後続に繋ぎ、チームの勝利に貢献して今シーズン2個目の「ホールド」が付きました。

【2017/6/11】中後悠平!21度目の登板で2ホールド目!その内容は?
こんにちはnicoです。 MLB アメリカ・メジャーリーグ「アリゾナ・ダイヤモンドバックス」とマイナー契約を交わし、傘下の2A...

その登板から中1日となった6月13日の「テネシー・スモーキーズ」との第5戦に、中後悠平投手にとって今シーズン22度目の登板機会が巡って来ました。

先発投手のピンチを救う

ジェネラルズは、4回まで相手打線を3失点に抑え、4-3とリードをしていましたが、5回表にジェネラルズ先発のジョシュ・テイラー投手が崩れます。

1アウトを取った後、フォアボール、シングルヒット、三塁打と連打され、2点を失い4-5と逆転されてしまいます。

ここで堪らず投手交代が告げられ、2番手として中後悠平投手がマウンドに上がりました。

1アウト3塁とピンチの場面から登板した中後悠平。

先ずは7番の右打者、ライトのジェフリー・バエズ選手をピッチャーゴロに打ち取り、3塁ランナーをホームに返さないように牽制しながら1塁をアウトにして2アウト3塁

そして続く8番の右打者、センターのトレイ・マーティン選手を空振り三振に仕留めて3アウトチェンジ

先発投手の作ったピンチを見事に救いました。

5試合ぶりの失点

そして続く6回表のスモーキーズの攻撃時にも中後悠平投手はマウンドに上がりました。

先ずは9番の右打者、ピンチヒッターのケビン・コーネリアス選手をファーストゴロに打ち取り1アウト

打順は上位に戻り、1番の右打者、レフトのチェイサー・バークス選手にセンターへのポテンヒットを打たれてしまい1アウト1塁

続く2番の右打者、ショートのカルロス・ペナルバー選手にデッドボールを与えてしまい、1アウト1、2塁のピンチに。

ここで3番の右打者、セカンドのデビッド・ボーテ選手を上手くサードゴロに打ち取り、3塁フォースアウトで、2アウト1、2塁まで漕ぎ着けました。

ただ、続く4番の左打者、サードのジェイソン・ボスラー選手をフォアボールで歩かせてしまい2アウト満塁

中後悠平投手、ピンチを抑えてもらいたいところです。

しかし次の5番の右打者、ファーストのヤシエル・バラガート選手にセンター前ヒットを打たれてしまい、3塁ランナーと2塁ランナーに帰られてしまって2失点

4-7と点差を広げられてしまいました。

中後悠平投手、実に5試合ぶりの失点を喫してしまいました。

更にまだ2アウトながらランナーが2塁にいるので、まだ失点のピンチが続きます。

そして迎えた6番の右打者、キャッチャーのカエル・ブロックマイヤー選手をレフトフライに打ち取り3アウトチェンジ

デッドボール、フォアボールが重なって2失点。

無駄なランナーは出さないに越したことはないですね。

やはりここで改めて思い返すことは「制球難の克服」でしょう。

いざという時の細かな制球力が有るか無いかが、「メジャーリーガー」と「マイナーリーガー」の差なのでしょう。

この日はここでマウンドを降りましたので、この日の中後悠平投手の成績は1回2/3イニングを投げて2被安打 2失点 1四球 1死球 1奪三振 防御率10.8となりました。

チームは逆転で勝利

中後悠平投手がマウンドを降りた後、チームは逆転に成功し、最終的に8-7で勝利しました。

ただ、今回の5連戦は結局2勝3敗と負け越してしまいました。

残念ですが、前期の最後のホームゲームを勝利で飾れたので良しとしましょう。

そして中後悠平投手の今シーズンの通算成績は22試合33回2/3イニングを投げ、112セーブ 2ホールド 35奪三振 防御率3.48となっています。

あと少しで防御率2点台になる所だったんですけど、少しまた遠くなってしまいました。

出来れば防御率を2点台に下げて前期を終えられると、メジャーチーム側からの評価も違って来ると思うんですけどね。

前期のラスト5試合

明日からは前期最後の5連戦を「バーミンガム・バロンズ」と、バロンズの本拠地「リージョンズ・フィールド」に移動して行います。

試合終了後に、バロンズの本拠地まで約390kmをバスで移動すると思われます。

バロンズとの5連戦でも中後悠平投手は2回くらいは登板があるかもしれません。

そこをきっちり抑えて是非とも防御率を2点台に下げたいものです。

明日からの5連戦が終われば、オールスターゲームを挟んで3連休になります。

そこで身体をしっかりと休めて、後期に臨んでもらいたいものです。

中後悠平投手頑張ってください。

と言うことで、今回は中後悠平投手の今シーズン22度目の登板についてチェックしました。

本日も最後まで読んで頂き有難うございました。

中後悠平投手の最新情報はこちらをクリック

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です