【2017/4/20】中後悠平!6回目の登板は敗戦処理?大量失点の負け試合で最終回を無失点に抑える!

こんにちはnicoです。

アリゾナ・ダイヤモンドバックス傘下の2Aチーム「ジャクソン・ジェネラルズ」でメジャー昇格を目指し奮闘中の中後悠平投手。

「モンゴメリー・ビスケッツ」5連戦の第4戦目となる4月20日の試合に、今シーズン6回目の登板を果たしました。

今回はその登板についてチェックしてみたいと思います。

スポンサーリンク

今回も予定外の登板?

4月17日から始まった「モンゴメリー・ビスケッツ」との5連戦。

8勝2敗と、勢いの良い状態でこの5連戦に臨んだ「ジャクソン・ジェネラルズ」でしたが、いきなり2連敗を喫して、出鼻を挫かれてしまいました。

しかし前日の第3戦は、乱打戦を制して8-7で勝利し、この4月20日の第4戦は、5連戦を負け越すか、土俵際で持ち堪えるかと言う、大きな一戦となっていました。

ホーム試合で後攻のジェネラルズは、初回からコツコツと得点を重ねて行き、7回を終えた時点で4-1とリードを保っていました。

ここで8回からの抑えに登板したのが、中後悠平投手のチームメイトでありながら、同じ左投げの中継ぎで身長2メートルの長身投手「ジャレッド・ミラー」投手。

彼も今シーズン、4月8日の1度だけ、1イニング3失点を喫してはいましたが、その他の登板は全て0点に抑えており、中後悠平投手と共にメジャー昇格を狙う有望なライバルでもあります。

そんなジャレッド・ミラー投手が、今回計算外の失点を喫してしまいました。

フォアボールやヒットが続き、1アウトしか取れない中7失点してしまい、4-8と逆転されてノックアウトされてしまったのです。

急遽、右の中継ぎであるミラー・ディアズ投手がマウンドに上がりましたが、8回表の残りの2アウトを取るまでにもう1点を失ってしまい4-9となってしまいました。

8回裏にジェネラルズも1点を返したものの、5-9と大きく4点差が開いた状態で、最終回の9回表、中後悠平投手が今シーズン6回目の登板となりました。

これって、本来であれば、8回をミラー投手が投げ、9回をディアズ投手が投げる予定で、中後悠平投手は翌日の4月21日の登板予定であったにも関わらず、多分予定外の登板だったのではないでしょうかね。

しかし、前の回に8得点というビッグイニングを作ったビスケッツを、中後悠平投手にピシャッと抑えてもらって、勢いを明日へ繋げられないようにとの考えだったのですかね。

とにかく、多分予定より1日前倒しで登板となりました。

きっちり抑えるも制球に難

9回表、ジェネラルズの5番手投手としてマウンドに上がった中後悠平投手。

兎に角、この回を0点に抑えれば、4点差であればまだ逆転の希望は無いとは言えないですから、この登板は「敗戦処理」と言うよりは、逆転の為の布石とでも言った方が良いかもしれませんね。

先ず先頭打者は、8回表の攻撃でビスケッツの4番オコーナー選手に代わってピンチランナーで出ていた4番の左打者、DHのアレック・ソール選手を空振り三振で1アウト。

次の5番の左打者、キャッチャーのニック・シューフォ選手をライトフライに打ち取り2アウト。

ここまで順調です。

続く6番の右打者、ファーストのマイケル・ラッセル選手にレフトへのヒットを許してしまいました。

そして次の7番の右打者、ライトのネイサン・ルークス選手にフォアボールを与えてしまい、2アウト1、2塁のピンチに。

しかし、続く8番の右打者、セカンドのリリー・アンロー選手をライトフライに打ち取って3アウトチェンジとし、見事に期待に応えて0点に抑えることができました。

ここのところの登板では、少なくとも1個はフォアボールを出しています。

3月に参加した「アリゾナ・ダイヤモンドバックス」のスプリングトレーニングで、ルブロ監督から「ストレートの制球をもっと磨いて欲しい」との要望が出されていた訳ですが、まだまだ制球面で難があると言えそうですね。

チームはシリーズ負け越し決定

9回表を中後悠平が投手がキッチリと0点に抑え、9回裏の反撃に期待をしましたが、1アウト1、2塁までチャンスを広げるも、結局得点出来ず、最終的に5-9で負けてしまいました。

この結果、「モンゴメリー・ビスケッツ」との5連戦は3敗してしまった事で「負け越し」が決まってしまいました。

残念ですね。

翌日の4月21日の最終戦は、「金曜日のホームゲーム」という事で、ジェネラルズは、カバがマスコットの「ハブシティー・ヒッポーズ」として試合に臨みます。

カバのパワーで最終戦は一矢報いて欲しいところですね。

まとめ

モンゴメリー・ビスケッツとの5連戦.第4戦目となる4月20日、中後悠平投手は、他の投手が打ち込まれた影響で、予定より1日早いと思われる、今シーズン6回目の登板を果たした。

4点ビハインドの9回表を、ヒットとフォアボールを許すも0点に抑えた。

これで今シーズンの成績は、6試合 9回1/3を1勝 0敗 1セーブ 1ホールド 12奪三振 防御率0.96と、防御率を0点台に下げています。

1点取られてしまった以上、防御率を0.00に戻すことは出来ませんが、ここから頑張ってもらって、限りなく0.00に近づけていって欲しいと思います。

という事で、今回は中後悠平投手の4月20日の6回目の登板についてチェックしました。

本日も最後まで読んで頂き有難うございました。

中後悠平!2017年は2Aリーグからスタート!一歩下がった?今年メジャーに行ける?
こんにちはnicoです。 2017年、NPB日本プロ野球も、MLBアメリカメジャーリーグも、それぞれ開幕しましたね。 ...
【順調】中後悠平!2017年2Aマイナーリーグ開幕2戦目で初登板!その結果は?
こんにちはnicoです。 今シーズン、MLBアメリカ・メジャーリーグ「アリゾナ・ダイヤモンドバックス」の傘下である2A(ダブル...
【謎】中後悠平!2017年2A初登板は架空のチームとしての登板だった?カバ集団て何?
2017/4/24追記:中後悠平投手のヒッポーズ画像を追加しました。 こんにちはnicoです。 アメリカ現地時間...
【好調】中後悠平!2017年シーズン2回目はクローザーとして登板!チームは大勝で記録尽くし!
こんにちはnicoです。 中後悠平投手が、2017年シーズン2回目の登板を果たしました。 今回はその辺りについて...
【ラッキー♪】中後悠平!緊急ロングリリーフで1勝目!2奪三振自責点0で防御率0.00更新中!
こんにちはnicoです。 MLBアメリカ・メジャーリーグ「アリゾナ・ダイヤモンドバックス」傘下の2Aマイナーリーグ「ジャクソン...
【信頼】中後悠平!クローザーとして4回目の登板でセーブ!味方エラーでピンチも2奪三振!
こんにちはnicoです。 MLBアメリカ・メジャーリーグ傘下の2A(ダブルA)リーグ「ジャクソン・ジェネラルズ」で奮闘中の中後...
【4/18初失点】中後悠平!5回目の登板で今季初失点!チーム破れるも勝敗は付かず!
こんにちはnicoです。 アリゾナ・ダイヤモンドバックス傘下の2A「ジャクソン・ジェネラルズ」に所属している中後悠平投手が、今...
【2017/4/20】中後悠平!6回目の登板は敗戦処理?大量失点の負け試合で最終回を無失点に抑える!
こんにちはnicoです。 アリゾナ・ダイヤモンドバックス傘下の2Aチーム「ジャクソン・ジェネラルズ」でメジャー昇格を目指し奮闘...
【2017/4/23】中後悠平!7回目の登板はセットアッパーとして2イニング!試合の結果は?
こんにちはnicoです。 ジャクソン・ジェネラルズでメジャー昇格を目指して奮闘中の中後悠平投手が、今シーズン7回目の登板を果た...
【2017/4/26】中後悠平4失点!クローザーとして登板するも1アウトしか取れず!
こんにちはnicoです。 アリゾナ・ダイヤモンドバックス傘下の2Aチーム「ジャクソン・ジェネラルズ」で、メジャー昇格を目指して...
スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

  1. ken より:

    個人的な意見ですが、中後悠平の記事楽しみに拝見してます。
    リアルタイムで助かっております
    影ながら応援してますので
    引き続きお願いします。

    • nico より:

      ken様、コメント有難うございます。
      そう言って頂けると励みになります。

      今シーズン、中後悠平投手のメジャー昇格を願っていますので、そこまでの道程を詳細にお伝え出来ればと思っています。

      今後も宜しくお願い致します。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です